プラセンタで毎日キレイ
メインイメージ

プラセンタの有効成分の影響

美容効果だけでなく、全身のケアにも効果を発揮するプラセンタですが、どのような有効成分が含まれているのでしょうか。
プラセンタにしか含まれておらず、他の食品からは摂取することのできない貴重な成分に成長因子があります。
グローファクターとも言われるこの成分は、お母さんのお腹の中でたった10ヶ月で一つの細胞を、一人の人間へと成長させることができるほどのパワーを持つ成分です。
そう考えるだけでもこの成長因子がどれほど効果的な成分かを推し量ることができます。
成長因子は細胞の代謝を促進し、新しい細胞を造り出すよう促します。
そのためアンチエイジングに効果があると言われています。
販売されている商品の中には植物由来のプラセンタというものがありますが、この成長因子は植物由来のものには含まれていませんから注意が必要です。

また、豊富なアミノ酸もその特徴の一つです。
アミノ酸は新しい細胞を造り出す原料になる成分です。
成長因子により新しい細胞を造り出すよう促されたあと、この豊富に含まれたアミノ酸を用いて実際に新しい細胞が造られていきます。
馬プラセンタには豚由来のものに比べて200倍~250倍のアミノ酸が含まれていると言われていますから、アンチエイジングを目的として摂取する場合は豚由来ものよりは、馬由来のものが効果的といえるでしょう。

また、細胞を修復したり、若返らせたりする成分である核酸や細胞と細胞の間でクッションのような働きをするムコ多糖類といわれる成分も含まれていますから、これらの成分によりプルプルの水々しい肌を実現します。
その他にもたんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルといった健康維持には欠かせない栄養素も豊富に含まれています。
そのため、美容効果だけでなく健康維持にも効果を発揮してくれます。

これほどまでにあらゆる有効成分がギュッと詰まっているプラセンタですが、胎盤由来のものであるという性質上、他の食品で補うことができないというのもその特徴です。
ですから、プラセンタを摂り入れたい場合は注射やサプリメント、ドリンクなどの方法で摂り入れる必要があります。

トップに戻る