プラセンタで毎日キレイ
メインイメージ

やっぱり怖い副作用!プラセンタは大丈夫?

何か新しいものを試してみる時に気になるのが、その効果もさることながらその副作用は大変気になるところです。
いくらすばらしい効果があるものでも、その効果と引き換えに多くの代償を払わないといけないとすれば、魅力は半減してしまいます。

誰もが憧れる透明感のあるぷるぷるのお肌、エイジングレスのお肌を手に入れるのに効果があると言われているプラセンタですが、やはり気になるのはその副作用です。
薬ですと効果が高ければ高いほど、副作用のリスクも上がります。
しかし、実のところプラセンタには副作用がないといわれています

プラセンタをダイエットのために服用される方もいらっしゃることでしょう。
口コミなどを調べると、服用後太ったという声が幾らか存在します。
やはり、それは副作用なのでしょうか。

プラセンタには傷ついた細胞を修復する作用があります。
そのため、胃腸などが傷ついていた場合に、その細胞は修復され健康なものになります。
健康になるとこれまで胃腸の不調により食欲が落ちていた方は、食欲が正常に戻ります。
食欲が湧いて、何を食べてもおいしいからと、食欲のままに食べ続けてしまうと、太ってしまいます。

これは副作用ではありません。
健康になった証拠です。
しかし、太りたくないのであれば、食欲のままに食べるのではなく、食べる量をコントロールしたり、摂取カロリーをコントロールするようにしましょう。

プラセンタを内服することにより、代謝が促進されますから、継続するにつれて痩せやすい身体になります。
適度な運動をするとさらに効果的です。

また、多くの人が副作用ではないかと感じる症状の一つに変な時間に眠たくなる、だるくなるというものがあります。
プラセンタは自律神経のバランスを整える働きがあります。
自律神経のバランスが整うと、自律神経の乱れからくる不眠が改善され、よく眠れるようになります
しかし、飲んだからすぐに改善されると言うものではなく、徐々に整えていくものです。
ですから、その調整の過程で普段眠たくならないような時間に眠くなったり、だるくなったりします。

しかし、それは一時的なもので、内服を続けるうちにリズムは整い、夜にぐっすり眠れるようになります。
これも副作用ではありません。
ほかにも、身体の調子を整える過程で、副作用と疑われる症状が現れるかもしれませんが、それはほとんどが一時的な好転反応ですから、継続するうちに収まります。
それでも、続くようであれば一度医師に相談されるとよいでしょう。

トップに戻る