プラセンタで毎日キレイ
メインイメージ

プラセンタ注射とプラセンタ点滴の違い

プラセンタ美容法を取り入れてみようといざ、美容クリニックなどに相談に行くと、プラセンタ注射よりもプラセンタ点滴を勧められることも多いと聞きます。
ところで、実際にプラセンタ注射とプラセンタ点滴には、どのような違いがあるのか非常に気になるところですね。

まず、即効性があるのは、断然プラセンタ点滴です。
プラセンタ点滴は、皮下や筋肉に針を刺すプラセンタ注射とは違い、直接血液に針を刺して、プラセンタを点滴します。
したがって、有効成分が血液の流れにのって体全身に巡りますので、効果が出るのは非常に早いのです。
明日デートと言う方や、明日結婚式などといったようなときに頼りになるといえますね。

また、吸収力もプラセンタ注射よりも優れており、吸収力は5~10倍といわれておりますので、大きなメリットといえます。
しかしながら、プラセンタ点滴には持続性はありません。
持続性の面からいうと、プラセンタ注射に軍配があがります。
プラセンタ注射は皮下や筋肉に注射していくので、そこからじんわり全身に効果がいきわたっていくのです。
持続性がありますから頻繁にクリニック等に通う必要がありませんので、忙しい人にはお勧めです。

最後に、費用は、プラセンタ点滴のほうが非常に高価であるといえます。
最近では、プラセンタ点滴に、美容に有効なビタミンや疲労回復効果のあるニンニクエキスなどを加えた点滴も多く、それに伴い費用も高価になっています。

またプラセンタは継続的に摂取することで効果がありますので、ご自身の続けられる方法を選択するとよいでしょう。

トップに戻る