プラセンタで毎日キレイ
メインイメージ

個包装のプラセンタサプリ

プラセンタサプリには、1回分ずつアルミパックに個別包装されているもの、薬のように数粒ずつシート包装になっているものがあります。
袋に入ったサプリが1か月分3000円ほどで買えるのに対して、シート包装は6000円、個別包装のものは8000円から10000円くらいします。
初回は安く設定されていますが、定期購入にしても、袋入りサプリよりコストがかかります。

プラセンタサプリはとてもデリケートで、湿気や紫外線に弱いという特徴があります。
袋に入ったものは、開閉する際、空気に触れてしまいます。
湿気でカプセル同士がくっついてしまったり、溶けてしまったりする事もあります。
カプセル内の粉末が固まってしまう等、品質の劣化も免れません。

どんなに品質の良いプラセンタを使用していても、変質してしまったら効果は半減します。
また、劣化して飲みにくいものになってしまうと、続けていくのも難しくなります。

個別包装されたものはそのような心配がなく、いつでも新鮮なプラセンタを摂る事が出来ます。

袋入りに比べて保管に場所は取りますが、ピルケースに移す手間もいらず、持ち運びに便利です。

ただ、個別包装といっても、1袋に1粒のもの、数粒入っているものがあります。
1回の量を調整したいときは、何袋も開封するのが面倒だったり、粒が余ってしまったりする事があります。

プラセンタサプリは、原産地や製造方法だけでなく、包装の形態も重要です。
ウェブサイト等でよく確認しましょう。

トップに戻る